♬リモートワーママ日々リズム♬

リモート勤務×両親遠方の核家族×慣れない土地×ワンオペ育児に頑張るワーママの日々

子どもの中耳炎・滲出性中耳炎!違いや経過のまとめ(薬剤師さん・耳鼻科の先生に聞いてみた)

f:id:nattuberry:20190625105144j:plain

 
5月に入ってからずーーっと鼻水が続いていて、鼻風邪タイプの子どもなんだな~と思っていたら中耳炎になり、さらに滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)になってしまいました(辛)
知らないワードや学びになることも多かったので今回の経過をまとめておこうと思います。
 

中耳炎の発覚~完治するまで(経過)

5月GW明け

発熱(2日間)、下痢(10日間程度)、鼻水
鼻水は2週間ほどで少し落ち着くが毎日の鼻水吸引は欠かせない
 

5月下旬

発熱、鼻水、中耳炎発生
鼻水MAX。1日6回~7回 位鼻水の吸引が必要。
 

6月上旬

中耳炎→滲出性中耳炎。鼻水。発熱。咳が増える。
少し落ち着くも鼻水まだ続く。また咳込みが増えて夜泣きがひどくほとんど寝れてない状態になる
 

6月中旬

滲出性中耳炎が治る。鼻水・咳が落ち着く。

f:id:nattuberry:20190625140127p:plain


 

子どもの中耳炎とは?滲出性中耳炎とは?

「鼻水が続くと中耳炎になる」というのはママパパの業界では良く聞く話。
中耳炎というのはよく耳にするワードでしたが「滲出性中耳炎」というのは初めて聞きました。
 
私が耳鼻科の先生に言われたのは、
・鼻水が多く、長引くと中耳炎になっている可能性がある
・中耳炎が治る過程で、そのまま治る子どもと滲出性中耳炎を経て治る子どもがいる
 
 
また、中耳炎・滲出性中耳炎について分かりやすく書かれているサイトを見つけました。
 
 
まとめると、
中耳炎は風邪などのウイルスによる炎症。滲出性中耳炎は中耳炎によって溜まった水(浸出液)が耳に溜まってしまっている状態。だそうです。
確かに耳鼻科で中耳炎になった娘の耳を見せてもらいましたが、通常の鼓膜に比べて真っ赤になってました。見るからに炎症…という感じ。
滲出性中耳炎は難聴になる、治すのが数年単位と結構怖いこと書いているサイトも多くあり、調べれば調べるほど不安になってしまいました・・・。
 

不安・疑問をかかりつけの耳鼻科の先生/薬剤師さんに聞いてみた!

Q:寝苦しそうにしてるとき、起こして鼻水を吸うべき?
A:鼻水で寝れないときは自分から覚醒して泣いてくる。その時は鼻水を吸ってあげると良い。自分からわざわざ起こさなくても大丈夫
 
Q:滲出性中耳炎の難聴って一度なると治らない?
A:滲出性中耳炎が治れば難聴も無くなる。滲出性中耳炎が起こっている間だけ聞こえが悪くなるので、放っておくのが良くないとのこと。
 
Q:滲出性中耳炎の治療は数年単位と書いてあったけど本当?
A:きちんと耳鼻科に通い治療を行い、鼻水が治まれば治る。(実際、娘は滲出性中耳炎と言われてから1週間程度で治りました
 
Q:鼻水の薬が全然効いてない気がするけど赤ちゃんあるあるなの?
A:色んな理由があるけど、よくあるパターンは2つ。1つ目はこの季節の特性(朝晩の寒暖差がある)時は鼻水が出やすくなる赤ちゃんが出てくる。2つ目は保育園などに通っていると知らず知らずに風邪をもらい鼻水が続く。薬がすぐ効くというわけではなく、風邪症状をもらいながらずるずる続くというのが多いそうです。
 
注意)上記は私のかかりつけの先生の見解なのでもし中耳炎になられた方は主治医の先生の指示に従ってくださいね
 

中耳炎になったときの治療は?

もらった薬たち

  • 抗生物質(ワイドシリン細粒→クラリスロマイシン)
  • 整腸剤(ミヤBM細粒)
  • 痰の切れを良くし、鼻の通りをよくする薬(カルボシステインDS50%)
  • 鼻水を抑える薬(テルギンGドライシロップ)
  • アレルギーや炎症を抑える薬(プランルカストDS10%)
  • 咳を静める薬(アスベリン散10%)
  • 気管支を広げる薬(ツロブテロールテープ)
 
中耳炎の時
通院時のネブライザーに加え、抗生物質はワイドシリン細粒を4日間、その後数日置いて、鼻水の減りが悪いのでクラリスを4日間飲みました。
鼻水を抑える薬というのは特に小児科では推奨されていないらしく(鼻水を止めると治りが悪くなる等)あまり処方してくれませんが、中耳炎の場合、鼻水が治まらないと治りがどんどん遅くなるらしく、鼻水を抑える薬が処方されました。
 
滲出性中耳炎の時
特効薬はないらしく、鼻水が治まれば自然に治っていくそうです。とにかく鼻水を抑える薬と鼻の通りをよくする薬等、対処療法の薬で様子を見ました。また薬が4日分ずつの処方だったので、薬が切れる度に通院しネブライザーを受けました。
またこの頃、咳込みもひどく、夜も寝れない状態だったので咳止めの薬とテープ薬も処方されました。
 

粉薬の飲ませ方(11ヵ月の場合)

娘は生後4ヶ月で百日咳にかかったのですが、その時は離乳食も始まっていないので粉薬を飲ませるのは苦労しました。
 
今回は離乳食も進んでいるし、スプーン飲みも問題ないので楽でした。
今回はスプーンに粉薬を入れ、アクアライトを数的垂らして混ぜて飲ませました。
 

私が行ったホームケア

鼻水吸引(メルシーポット)

こちらも百日咳が判明する前、鼻水が増えた時に悩んだけど思い切って買った商品。
買っておいて良かった!!!
1万円ちょっとするけど買っておいて良かった!!
鼻水が多いときは1日10回以上、15分おきに吸う時もあり、手動や口で吸うタイプのものや、中途半端な電動のものでは全然追いつかないと思います。
これは勢いもあるしゴリゴリ吸えるので本当にオススメ。
とにかく鼻水が垂れたら吸ってました。
 

また、メルシーポットは私の楽天ROOMでも紹介しています⭐

私の楽天ROOMから商品紹介のページへアクセスして購入すると楽天ポイントが2倍になります🎵

room.rakuten.co.jp

 

とにかく寝かせる

起きてから2時間位経ったらすぐベッドに連れて行ってました(爆)
しばらく遊びたがって動き回り、しまいにはギャン泣きするのですがめげずにベッドに拘束しているとそのうち寝ます爆
寝ると体力も回復し、免疫力も戻ってくるので寝るのは大事だそうです。
 

その後の経過とまとめ

中耳炎発覚から2~3週間で治まりましたが、その後また体調崩してます爆
子どもが風邪を引いたら(特に鼻水が出ているとき)は小児科だけでなく、耳鼻科もかかっておくことをオススメします!中耳炎は放置しているとその分悪化して治りにくくなるそうです。
 
それにしても、子どもはよく熱出るし鼻水も出るし気が抜けません!気を張ってるので私も体調崩しやすくなりました。
子育て頑張ってるママパパさん、一緒に頑張りましょう!!