リモートワーママの日々リズム

リモート勤務×両親遠方の核家族×慣れない土地×ワンオペ育児に頑張るワーママの日々

リモートワーママの日々リズム

【ワーママスケジュール管理】Googleカレンダーが最強 ~私の活用術~


f:id:nattuberry:20191209144217j:plain

 
元々計画を立てて時間通りにやるべきことをこなすことに、この上ない喜びを感じる私。
高校生の頃に受験の教科が多いわりにどの教科も成績が悪く🤪🤪
宿題や補習が大量過ぎてキャパ越えし、スケジュール管理を始めたのがきっかけ。
大学生の頃にスケジュール帳を眺めることにハマり、就職してからさらに加速。
今までシステム手帳や普通のノートに手作りでスケジュール帳を作ったり、色んなアプリを試したりしていました。
そんな私は、現在Googleカレンダーに私の全てを捧げています。
 
 

ワーママはスケジュール管理が大変

今までは自分のスケジュールだけ管理していれば良かったのですが、結婚して出産し、仕事復帰すると管理するスケジュールの軸が「自分の仕事」「自分のプライベート」「夫の仕事」「夫のプライベート」「子どもの予定」「家族の予定」「家事関連」と増えていきました。
自分の弱っている記憶力では到底覚えられず(笑)
またアナログで手帳に書き込んでもごちゃごちゃになり、さらにリスケなんかされるとそれ消して新しい予定入れて…とめっちゃくちゃに。
 
色んなスケジュール管理アプリを試したのですが、結局Googleカレンダーが1番使い勝手が良く最強という結論に至りました。
 

Googleカレンダーの概要

Googleが出している公式スケジュール帳です。
ブラウザからもアプリからも使えます。
 

support.google.com

※使用にはGoogleアカウントが必要です(アカウント取得は無料)

Googleカレンダーの特徴

直感的に操作が可能

操作性というのは使い続ける上でとても重要な要素です。
 

f:id:nattuberry:20191209144204j:plain

 
アプリだとこんな感じですぐに予定やリマインダーを書き込めます。
ブラウザでも同じように予定の所をクリックすると予定やリマインダーを入れれます。
 
また、予定に対して11種類の色分けが出来るのでマイルールを作って色分けしていけば、スケジュール全体を見た時にどの時間にどういったジャンルの予定が入っているのか直感的に理解出来ます。
さらに、メモ欄も充実しているので補足事項もバッチリ入れれます。(例えばお買い物の予定を入れていればそのメモ欄にお買い物リストを残せる)
私はあまり使ってませんが、場所や添付ファイルも合わせて保存することができます。
 

スケジュール以外のTODOにも強い

通常スケジュールや予定が決まると、それで終わりというわけではなく、付随して色んなタスクやリマインダーが発生しますね。

紙の手帳だったり一般的なスケジュールアプリだとまた別のアプリやノートにタスク管理をしなければならないのですが、Googleカレンダーの場合はカレンダー画面1つで完結できます。

Googleカレンダーには予定を入力できる他、リマインダー機能がついています

 

f:id:nattuberry:20191209144222j:plain

 

これは単発のタスク管理のようなもので、実施時間を指定することも出来ます。

終わったら完了として消去できます。

 

さらにGoogleタスクというアプリをインストールしておけば、さらに踏み込んだタスク管理をリマインダー機能とは別に運用することが出来るようになります。

Googleタスクでは単発のリマインダーとは違い、タスクの階層化と分類、メモの記入が出来るので、さらにジャンルを分けてタスク管理をする場合やメモを残してタスク管理したい場合に向いています。

※リマインダー機能とタスク管理のすみ分け、使い方は後の「私の活用術」の所でお伝えします。

 

「繰り返す機能」がめちゃくちゃ便利

日々過ごしていると、毎度新鮮で違った予定というよりは「月曜日の〇時は毎回会議」とか、「2週間に一度はトイレ掃除」とか繰り返しの予定の方が多くないですか?(私はそうです)

そういった場合、紙の手帳だと毎回それを記入しなければならずとても面倒だし時々記入漏れしちゃったりしてたんですよね。

それがGoogleカレンダー/リマインダー機能には一度繰り返すタイミングを設定しておけば勝手に予定を入れておいてくれるんです!

 

f:id:nattuberry:20191209160707j:plain

 

個人的にGoogleカレンダーの一番のメリットはコレだと思っています。

さらにその繰り返しの設定が秀逸。

毎日・毎週〇曜日というのはもちろん、平日のみという設定も出来るし、

カスタムを選ぶと「2週間ごとの〇曜日」とか「月1回」というスパンのものも設定できます。

さらに終了日の設定が出来るので、例えばTOEICなどの試験の予定が決まっていて勉強スケジュールを組むといったときにも終了日を決めておいてそこまで毎週〇曜日×:××~×:××まで勉強といった予定を組み込むことも出来るわけです。

本当に便利!

 

デバイスを選ばない

これもGoogleカレンダーの大きなメリットだと思います。

最近はPC/スマホ間の同期機能が充実しているアプリも増えましたが、GoogleカレンダーはGoogleアカウント1つでカンタンに色んなデバイスからアクセスできます。

さらに共有機能も標準装備されているので、夫のGoogleアカウントを招待してスケジュールを共有することも出来ます。

そうすると夫が入力した予定が自動で同期されるので「あぁこの日は飲み会ね。ご飯無しなのね」とか会話しなくても一発で分かるようになります。

(私は仕事の予定も一緒に入れているので共有していませんが…)

 

完全無料!課金無し

これも大きなメリットですね。

スケジュールアプリだと広告が入っていたり、他のデバイスに同期するなら月額〇円といったように課金が必要になるものが多いのではと思います。

それがGoogleカレンダーだとこんなに色んな機能があるのに全部無料!

コスパ最強です。

 

私のGoogleカレンダー活用術

ガッツリ仕事の予定やプライベートの予定が入っているので全面モザイクでスミマセン。
 

f:id:nattuberry:20191209161203j:plain

 
基本的に仕事をする平日は会社PCからGoogleカレンダーにアクセスして常にスケジュール/タスクをチェックするようにしています。(休みの日はスマホからチェック)
PC画面では3カラム仕様になっており、左端から「月間カレンダー」「週のカレンダー」「Googleタスクのtodo」となっています。
週のカレンダーの部分は日割りにも変更できます。
 

ポイント①:カレンダーの色分け

設定できる色の種類が多いので、かなり細かく色分けしています。

私の場合は、

「仕事:個人作業」「仕事:社内MTG」「仕事:クライアントとのMTG」「仕事:求職者とのコンタクト関連」「仕事:求職者の面接日程」「夫の予定」「娘の予定/保育園や病院の予定」「家族の予定」

というようにかなり細かく分けて直感的にどういった予定が入っているのかイメージを付けられるようにしています。

 

ポイント②:掃除の予定やプライベートなTODOはリマインダー機能を使う

Googleタスクに仕事とプライベートの予定をフォルダ分けして管理しても良かったのですが、通知機能が付いているのはGoogleカレンダーのリマインダー機能のみ。

仕事のタスクを全部通知させてたら通知オンパレードになってしまうし、プライベートの予定は逆に通知して欲しいし、単発&繰り返す予定ばかりなのでプライベート予定はリマインダー機能&繰り返す機能で管理することに。

 

ポイント③:仕事のタスクはGoogleタスクを使う

逆にGoogleタスクは階層化して細かいタスクを設定できる点とメモ欄が充実しているのでGoogleタスクには仕事のタスクをジャンルごとにフォルダ分けして管理することにしました。

 

ポイント④:繰り返し機能を活用して日々の仕事をルーティン化させる

先に書いたように、Googleカレンダーの予定とリマインダー機能には「繰り返し機能」がついています。
今までの仕事やプライベートの予定を振り返り、繰り返し機能を使ってカレンダー上に固定化させ、ベースのスケジュールをあらかじめ組み立てた状態にしています。
ここから別の予定が入った時に入力しつつ、元の予定をどこに組み替えるかを考えて…とパズル感覚でスケジューリングし直すとストレスが少ないです。
 

Googleカレンダーの弱点

基本的にGoogleカレンダーで完結できるのですが、唯一の弱点が
マンスリーやウィークリー、年間の全体的な目標や決まっていない予定(決めなきゃいけない予定)を残しておく(目につくところに記録する)機能が無いことだと思います。
例えば「今月中に××を提出しなければいけないけど、このタスクをやる時間がまだ決まってない」とか「今月は〇〇をテーマに取り組む」といったを予定は決まってない/予定自体が無いけど覚えておきたいことをメモする場所が無いんですよね。
一応、GoogleKeepというメモアプリをGoogleカレンダーに同期させることが出来るので試したのですがどうもしっくりきませんでした・・・。
 

今後の課題

Googleカレンダーをベースにしつつ、Googleカレンダーの弱点を補完するために、アナログでノートも使おうと思っています。
去年あたりからバレットジャーナルというノート術も流行っているようなのでそれを活用したノートを作る予定です。
それについてはまた別の記事を作ろうと計画中。
 

まとめ

 
もしこの世からGoogleが無くなったら、
私は生きていけない。(割とガチ)
 
 
 
☞Googleカレンダー/Googleタスクのアプリはこちらからダウンロードできます
Google カレンダー

Google カレンダー

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

 

Google ToDo

Google ToDo

Google LLC無料posted withアプリーチ